屋根の板金に本当に問題があったか?実際に見てみたら・・・明日 1日(日)~9日(月)の期間は連休させていただきます (町田市の外壁と屋根のことなら ぺんき屋美装)

  • 投稿日:2022年 4月30日
  • テーマ:

突然ピンポーン「お宅の屋根の棟が飛ばされそうですよ!」という営業について以前もご紹介させていただいた続きです
前回の内容はこちらをクリック!!
この件につきましては本日で完結としますので画像多めです

まず、はっきり見えていなかった「ヌキ板」ですが、私が屋根に登って確認してきました(作業も)
やはり腐っても何ともありませんでした
(築25年以上)
腐れていると黒や濃い茶へ変色したり、ポロポロ崩れたりしています

2022.4 (105).jpg

釘は全部引き抜かれてしまって無くなっていましたので、ビスでしっかり止め直しました


2022.4 (14).jpg

これだけで、こんな風に元通りになりました
詐欺営業会社に依頼していたら、まだ使えるヌキ板と板金カバーを全部交換されて何十万を請求されてしまうところでした

屋根の板金が浮いてるという営業のヒドイ手口とは・・・明日 24日(日)・25日(月)は定休日につきお休みさせていただきます (町田市の外壁と屋根のことなら ぺんき屋美装)


今週は雨が多くて不安定なお天気でしたね~
そして今日はまるで夏のような一日でした

さて、皆さん覚えていらっしゃいますか?~
弊社で以前塗り替えをされたお客様のお宅に「屋根の棟板金が浮いていて危ないから、ちょっと補修してあげますよ」と屋根に登って板金がダメだとか、屋根が割れていると言って、施工に結びつけようとする悪徳業者の話をさせていただきました
前回の内容ですこちらをクリック!

これがその時の様子です

2022.4 (2).JPG


ようやく、先日着工しまして、恐る恐る状態の確認を行いました
こういう角度で見ると「棟板金が浮いていて危険」というのもうなずける感じはしますよね
釘が故意に抜かれていました

2022.4 (8).jpg

でも見てください
この不自然な隙間の開き方・・・
よーーく目を凝らして見ると悪徳業者が交換を勧める
棟板金の下地である「ヌキ板」はしっかり屋根に止まっているのが分かります
つまり、カバーの板金だけが浮き上がっているのです・・・

2022.4 (10).jpg

自然災害で浮き上がった物では無いという
これが自然に釘が抜けたのではないという動かぬ証拠
釘をバールで抜いた際に塗膜が割れてしまい錆が発生しています

2022.4 (11).jpg

この屋根材は、アスベストが混入されていた時代の物なので、そんな簡単に割れたりしないんです
自然に割れたと言うには苦しい割れ方ですね
自然にこんなにキレイに弧を描いて割れるなどありえないでしょう(笑)
そうとう力を入れて割ったのでしょうね・・・

2022.4 (9).jpg

悔しくてたまらないです
今では手に入らない凄く丈夫な屋根で25年以上この場所でこの家を守ってきたのに
それを故意に割るなんて・・・

これ「犯罪」ですよ!?
この業者の名刺を手に入れていますので、「もしかして家も?」と心当たりのある方はお気軽にお問合せください
ちなみに、横浜市の業者です。

今回のお話しは、「屋根の棟板金が・・・」という悪徳営業があまりにも多いので緊急事態と思いご報告させていただきました
心配な方は、無料でご相談にお応えしますので、まずはお電話ください!くれぐれも悪徳業者に騙されないでくださいね!!

さて

今週も一週間ありがとうございました。
また、来週26日(火)からよろしくお願い致します!

メールでのお問合せは24時間受け付けていますのでお気軽にどうぞ!

10年~15年先の次の塗り替えまで安心してお過ごし頂ける塗り替えをお約束します
町田市・八王子市・多摩市の外壁塗装はぺんき屋美装


なぜ〝ぺんき屋美装〟の塗り替えは長持ちするのか、動画でご紹介させて頂いております。よろしければこちらもご覧ください
https://www.painterwork.com/video/

ではまた!!



セルフポートレート vol.4・・・明日 17日(日)・18日(月)は定休日につきお休みさせていただきます (町田市の外壁と屋根のことなら ぺんき屋美装)


1981年の昭和56年頃のセルフポートレート続きです
前回の内容はこちらからご覧になれますセルフポートレートvol.3

前回は養生や道具に関するお話しをさせていただきました。
今日は実際の施工についてです。
今では当たり前に『足場』を架けて作業を行っています。
それも、ステップのある安定した足場です

2022.2.22.jpg

ほんの10年前までは単管抱き足場と言ってパイプ足場を使って塗装の職人が架けるのも珍しくありませんでしたし、我が社でも架けていました。
これは、今でも激安業者さんがパイプの抱き足場で危なげな施工をしているのもたまに見かけます。

私が独立した36年前はまだパイプを使った金属の足場より丸太を使った足場の方が住宅工事ではポピュラーでしたね。
話をもう少し戻して、修行時代ですが、当時は足場を架けるというのはとても珍しくて(五本木塗装だけか?)、私が独立するまでの4年間で足場に登って作業をしたのは数えるほどしか記憶がありません。
ではどのようにして塗装工事をしていたか?
それはハシゴを使っての作業です。

2022.2 (11).JPG

2階は全てハシゴ攻めで例えば破風板、軒天井、雨樋の3か所で使う塗料を下げ壺に入れ刷毛と共に左手に持って、1回昇ったら手の届く範囲の破風板と軒天井と雨樋の3か所を同時に塗装します。
塗るのは右手だけですから一度ハシゴを架けると1m程度しか塗れません。
1m塗ったら1mハシゴを動かして足元を整えて・・・の繰り返しです。
そんなやり方でムラにならないように考えて施工をしていました。
今ほど塗料の性能も良く無いですから、当然乾きも今の塗料より遅かったので、そのような工程でも出来たのでしょうね。

2022.2 (13).jpg

当時の目黒区の住宅といえば家の周りのスペースにしても、今よりうんと余裕があったのでハシゴを架けて塗装するなんて事が出来たんですよね。
それでも、身体をのけぞらせてアクロバティックな格好で時には命がけと思えるような危険な環境で作業をするのは日常的でした。
今の世の中では、そんな環境で塗装職人を目指す人はまず居ないと思います。
私が今の職人より根性があったという訳ではありません
当時の職人の世界は塗装に限らず、こんな危険な労働環境なのが当たり前だっただけです。

そんな労働環境でも辞めなかったのは、自分の手で施工した建物が美しくなる事に魅力を感じたのと、こんな私にお客様が感謝してくれて喜んで下さることが単純に嬉しかったから。。

これは当時恐れる物など何も無く、大した学歴も無い私の様な悪ガキでも
『キチンとした仕事を続けていれば世の中に必要とされ、人に喜んでもらえて、その結果社会に貢献も出来るんだ!』と社会に飛び出してはじめて遣り甲斐を感じる事が出来たんです。
私の塗装屋のルーツはこの時に感じたこの気持ちにあります。

さて
今週も一週間ありがとうございました。
また、来週19日(火)からよろしくお願い致します!


メールでのお問合せは24時間受け付けていますのでお気軽にどうぞ!

10年~15年先の次の塗り替えまで安心してお過ごし頂ける塗り替えをお約束します
町田市・八王子市・多摩市の外壁塗装はぺんき屋美装


なぜ〝ぺんき屋美装〟の塗り替えは長持ちするのか、動画でご紹介させて頂いております。よろしければこちらもご覧ください
https://www.painterwork.com/video/

ではまた!!

代表多田のアレコレブログ

  • セルフポートレート vol.8・・・明日 6日(日)・7日(月)は定休日につきお休みさせていただきます (町田市の外壁と屋根のことなら ぺんき屋美装)

  • 1985年の昭和60年頃のセルフポートレート続きです前回の内容はこちらからご覧になれますセルフポートレートvol.7バブル直前の1985年 昭和60年日本は景気が良く、と言っても独立
    >>詳しく見る
  • 業者が親身になるってどんなこと?・・・明日 30日(日)・31日(月)は定休日につきお休みさせていただきます (町田市の外壁と屋根のことなら ぺんき屋美装)

  • 最近朝晩はすっかり涼しくなって秋の深まりを感じます特に朝は空気も澄んで富士山を拝める日が激増しました!そして秋の定番ススキ~いつの間にか立派に育っています!さて、現在施工中のお宅です
    >>詳しく見る
  • まもなく年内のお見積りを締め切らせていただきます!・・・明日 23日(日)・24日(月)は定休日につきお休みさせていただきます (町田市の外壁と屋根のことなら ぺんき屋美装)

  • 朝晩はすっかり寒くなりましたね~ところでキンモクセイって二度咲くって知ってましたか?ここしばらく通勤路に咲くキンモクセイの香りに癒されていましたが、それも弱くなってきて冬に一歩一歩近
    >>詳しく見る
  • ぺんき屋美装 町田市 外壁屋根塗装
  • 町田市 ぺんき屋美装 外壁屋根塗装
ぺんき屋美装