長持ちする塗装はこれをやるかやらないかで決まる・・・明日 23日(日)・24日(月)は定休日につきお休みさせていただきます (町田市の外壁と屋根のことなら ぺんき屋美装)


塗り替えの見積り書ではたいていの場合
塗装の前に「下地調整」と書いてあることが多いと思いますが、では下地調整とは何か?
そしてどこまでが、下地調整に含まれるのか?

実はこの部分はグレーゾーンで各社判断が分かれるところだと思います
第一に下地調整ってお客さんが見えない部分ですし、やって当たり前と思われていて、その実、見えない部分に喜んでお金を出すお客様はなかなかいらっしゃいませんからね。

なので、下地調整になるべく手間をかけない会社さんも多いように思います
主観ですが特に中堅クラスや大手の業者さんに多く見られる気がします

そんな下地調整ですが、やってもやらなくても同じかと言うと、それは当然大きく違ってきます
完工したばかりは違いが分からないのですが、数年かけてその違いがはっきりしてきます

今日は、そんな下地調整の「ひとつ」である足付けをご紹介します
下の画像をご覧ください何やらゴシゴシ擦っています
使用しているのは、研磨パットです
このパットで擦ると、細かく浅いキズが付きます

2022.1 (4).jpg

力の入れ方で強く擦れば深いキズが付き優しく擦ると浅いキズがつきます
木なのか鉄なのか、塗装を施す下地やこれから塗装する塗料によってキズのつけ方も変わってきます

2022.1 (1).jpg

それは、塗装物に対して密着を高めるためにキズをつけるからです
塗装面にたくさんの細かいキズが付く事で表面はギザギザになりますよね
そのギザギザに塗料が流れ込みガシッと食いつくという訳です

2022.1 (3).jpg

つるっとした面などは、この足付けが甘いと即剥がれに繋がります。
なので、かなり大切な工程となります
ぺんき屋美装では、全ての付帯物に対して足付けを行っていますのでそれなりの手間と時間がかかってしまいます
それが、工事金額に反映してしまうのも確かです

ですが、この手間を惜しんで時間をかけない事で安く施工出来たとしても、塗膜が持たず剥がれてしまっては本末転倒ですのでお客様に「高い!」とお叱りを受けても、剥がれやすくなるのを分かっていて足付けをはしょる事は職人としては絶対に出来ません
安い高いには理由があります
ご理解いただきたいところです

さて
今週も一週間ありがとうございました。
また、来週25日(火)からよろしくお願い致します!


メールでのお問合せは24時間受け付けていますのでお気軽にどうぞ!
※現在、建物診断やお見積りのためのご訪問はおよそ3週間先となりますのでお問合せの際はご注意くださいませ。

10年~15年先の次の塗り替えまで安心してお過ごし頂ける塗り替えをお約束します
町田市・八王子市・多摩市の外壁塗装はぺんき屋美装


なぜ〝ぺんき屋美装〟の塗り替えは長持ちするのか、動画でご紹介させて頂いております。よろしければこちらもご覧ください
https://www.painterwork.com/video/

ではまた!!

仕事初めから1週間でどのくらい工事は進んだ?・・・明日 16日(日)・17日(月)は定休日につきお休みさせていただきます (町田市の外壁と屋根のことなら ぺんき屋美装)


早い物で2022年が始まって仕事初めの8日から1週間が経ちました!
今年もご近所へお正月のお飾りをどんと焼き会場へ持って行きました
「年々小さくなって寂しいね・・」とご近所のおばぁちゃんももらしておられましたが、本当にね。
以前は見上げる高さで5mくらいあったかな
一番てっぺんにはダルマが挿してあって立派なものでしたが・・・

22360.jpg

それでも、この1年が元気で楽しく過ごせる年になりますように!と手を合わせてきました!
今年もどんと焼きに使ってもらえて良かったです

さて、タイトルにもありますように仕事初めから1週間でどのくらい塗装が進むか?ですが

塗装業者によっては30坪くらいのお家を1週間あれば完成しますというところや、2週間で完成しますと様々だと思います。
では仕事初めから一週間近くが経ちましたが、ぺんき屋美装の作業はどのくらい進んだと思いますか?

足場を架けて、高圧洗浄を行い、養生を貼り付帯物の下地調整を行い、下塗り、中塗りを行い、屋根の下地調整を行い・・・
で、ほとんどの現場では外壁のクラック処理を行っています
現場によっては今日から下塗りに入ったくらいでしょうか

服部様邸施工写真_220115_0.jpg

クラック処理は大きく分けて2通りのご提案があります
目立たなく処理をするか
目立ってもクラック処理が長持ちするように処理するかです

阿部様邸_220115_0.jpg

最近の傾向としては目立っても良いのでガッツリ処理して欲しいという事が多いのですが、その場合こんな風に処理だらけになる可能性もあります
この辺りは好みも分かれるところだとは思いますが、仕上がると全て同じ色になりますので、これほどは目立たなく感じるとは思います

小宮様邸_220115_0.jpg

というように、外壁に関して1週間ではまだ下地を整えている事が多いのです(高圧洗浄での水分も考慮しなくてはいけませんし)

料理に例えると、下ごしらえや出汁の取り方などで味が決まるというのと似ていて、下準備や養生、下地調整にどれだけ時間を掛けるかで仕上がりが決まると言っても過言では無いと思います
ちなみに養生は周りや塗装しない箇所を汚さない為に行いますが、この養生がテキトーだったり必要最低限しかやっていない職人さんはキチンとした施工は出来ませんので、ご注意下さい
養生は職人さんが何も気にせず施工に集中できるようにする支度ですから。

ぺんき屋美装の精鋭職人達は例え時間がかかっても大切な工程を省くこと無く、キチンと施工させていただきますのでご安心くださいね。

さて
今週も一週間ありがとうございました。
また、来週18日(火)からよろしくお願い致します!


メールでのお問合せは24時間受け付けていますのでお気軽にどうぞ!
※現在、建物診断やお見積りのためのご訪問はおよそ3週間先となりますのでお問合せの際はご注意くださいませ。

10年~15年先の次の塗り替えまで安心してお過ごし頂ける塗り替えをお約束します
町田市・八王子市・多摩市の外壁塗装はぺんき屋美装


なぜ〝ぺんき屋美装〟の塗り替えは長持ちするのか、動画でご紹介させて頂いております。よろしければこちらもご覧ください
https://www.painterwork.com/video/

ではまた!!



明けましておめでとうございます!・・・明日 9日(日)・10日(月)は定休日につきお休みさせていただきます (町田市の外壁と屋根のことなら ぺんき屋美装)


明けましておめでとうございます。
本年も、どうぞよろしくお願い致します。

令和4年ぺんき屋美装は8日から営業をスタートいたしました。

服部様邸施工写真_220108_0.jpg

今年は寅年ですね~

2022年は寅年のなかでも「壬寅」。
この壬寅の持つ意味は厳しい冬を越えて、芽吹き始め、新しい成長の礎となるイメージなんだそうです。

コロナ(厳しい冬)を乗り越え、経済が良くなり(芽吹き始め)岸田総理が掲げていらっしゃる「循環と成長」が確立できる年になってくれたら素晴らしいですね!
ぺんき屋美装は今年もお客様の立場で考え、安心してお任せいただく事の出来る工事をいつも通りコツコツと誠実にひとつひとつの作業を丁寧に仕上げるというテーマへ情熱を傾けたいと存じます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。
また、来週11日(火)からよろしくお願い致します!

メールでのお問合せは24時間受け付けていますのでお気軽にどうぞ!
※現在、建物診断やお見積りのためのご訪問はおよそ3週間先となりますのでお問合せの際はご注意くださいませ。

10年~15年先の次の塗り替えまで安心してお過ごし頂ける塗り替えをお約束します
町田市・八王子市・多摩市の外壁塗装はぺんき屋美装


なぜ〝ぺんき屋美装〟の塗り替えは長持ちするのか、動画でご紹介させて頂いております。よろしければこちらもご覧ください
https://www.painterwork.com/video/

ではまた!!



1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

代表多田のアレコレブログ

  • 長持ちする塗装はこれをやるかやらないかで決まる・・・明日 23日(日)・24日(月)は定休日につきお休みさせていただきます (町田市の外壁と屋根のことなら ぺんき屋美装)

  • 塗り替えの見積り書ではたいていの場合塗装の前に「下地調整」と書いてあることが多いと思いますが、では下地調整とは何か?そしてどこまでが、下地調整に含まれるのか?実はこの部分はグレーゾー
    >>詳しく見る
  • 仕事初めから1週間でどのくらい工事は進んだ?・・・明日 16日(日)・17日(月)は定休日につきお休みさせていただきます (町田市の外壁と屋根のことなら ぺんき屋美装)

  • 早い物で2022年が始まって仕事初めの8日から1週間が経ちました!今年もご近所へお正月のお飾りをどんと焼き会場へ持って行きました「年々小さくなって寂しいね・・」とご近所のおばぁちゃん
    >>詳しく見る
  • 明けましておめでとうございます!・・・明日 9日(日)・10日(月)は定休日につきお休みさせていただきます (町田市の外壁と屋根のことなら ぺんき屋美装)

  • 明けましておめでとうございます。本年も、どうぞよろしくお願い致します。令和4年ぺんき屋美装は8日から営業をスタートいたしました。今年は寅年ですね~2022年は寅年のなかでも「壬寅」。
    >>詳しく見る
  • ぺんき屋美装 町田市 外壁屋根塗装
  • 町田市 ぺんき屋美装 外壁屋根塗装
ぺんき屋美装