ベランダ防水は何年もつのか?・・・明日 27日(日)・28日(月)は定休日につきお休みさせていただきます (町田市の外壁と屋根のことなら ぺんき屋美装)


ベランダの防水と言ってもアスファルト防水・シート防水・塗膜防水・ウレタン防水・FRP防水と様々な施工方法が存在しますが、今日はFRP防水についてお話しします。

私の場合FRP防水面がそのまま見えている場合(暴露状態)は、10年~15年の間で一度トップコートの塗替えをお勧めしています
10年から15年も経った塗膜は外壁などと同じようにチョーキングしていたり劣化が見られるのが普通です

2022.2.19 (3).JPG

暴露している場合はそのような処理をお勧めしていますが
稀に下の画像のように石材のような物やタイルのような物が設置している事があります
このような場合どうするのが正解か?

2022.2.19 (2).JPG

悩ましいところです
一度全部剥がしてやり直すのが正解?

剥がしてみましょう
見えたのは防水層ではなく発砲スチロールの緩衝材でした
これを剥がすと防水面が見えるはずです

これも剥がして塗装する意味があるかですが
『意味は無い』と思います

2022.2 (10).JPG

10年以上もタイルの下に設置してあった発泡スチロールがほとんど傷んでいないんですよね
その下の防水面が傷んでいるはずが無いからです
建物の傷みの原因は色々ありますが、その中でも『紫外線』の影響は相当なものです
その紫外線が新築時から当たっていないのですから傷みようがありません

ただし、下の画像のように立ち上がりはFRPが暴露している場合がありますよね

2022.2 (8).JPG

そのような場合は、そこだけトップコートを塗装しておけば問題ありません
ぺんき屋美装では、立ち上がりが傷んでいるから全部やり直しましょうなどと必要の無い施工をご提案する事はありません
建物の状況に合わせた臨機応変な対応で最善の施工をご案内いたします

さて
今週も一週間ありがとうございました。
また、来週3月1日(火)からよろしくお願い致します!


メールでのお問合せは24時間受け付けていますのでお気軽にどうぞ!

10年~15年先の次の塗り替えまで安心してお過ごし頂ける塗り替えをお約束します
町田市・八王子市・多摩市の外壁塗装はぺんき屋美装


なぜ〝ぺんき屋美装〟の塗り替えは長持ちするのか、動画でご紹介させて頂いております。よろしければこちらもご覧ください
https://www.painterwork.com/video/

ではまた!!

セルフポートレート vol.2・・・明日 20日(日)・21日(月)は定休日につきお休みさせていただきます (町田市の外壁と屋根のことなら ぺんき屋美装)

  • 投稿日:2022年 2月19日
  • テーマ:その他

今日は前回のセルフポートレートの続きです
前回が気になる方はこちらからどうぞ セルフポートレートvol.1

五本木塗装店で見習いをはじめた訳ですが、お給料は働いた日数分が支給される日給月給という制度でした。
面白いのは、お昼ご飯が出るんです。
まるで飲食店の賄いのようですよね。
お給料は手間賃という言い方で確かお昼付きで一日4,500円だったと思います。

学芸大学駅を中心に港区の天現寺や、大田区の田園調布のお屋敷などで住宅塗装を生業とした塗装店でしたので、お昼が食べれるお店はいくらでも有りましたし、そば屋や町中華のお店には職人で賑わっていました。
活力を感じられる時代でしたね

「とにかく出てくれば昼飯は食えるんだからサボらないで仕事に来いよ?」そんなセリフをとくさんに言われ、四畳半一間に共同便所のアパートで貧しい一人暮らしをしていた私は喜んで『はい!もちろんです』と答えていました。

2022.2.19.jpg

この頃職人になろうと考える輩は、基本的に夜遊びが忙しくて朝起きれず仕事に出て来ないような連中が多くて、飯で釣るのが一番手っ取り早かったんでしょうね。

そのシステムは残念ながら、私が勤め始めて1年も経たずに廃止となってしまいました。
社長から会計士からお昼は自分持ちにしてもらうように言われたとかで、500円アップの日給5,000円にするので納得してくれと言われました。
当時、かつ丼が一杯500円で食べれてセブンスターが180円だったと記憶していますので妥当ではありましたね。

今思うと、ただお昼を食べるだけでなくて、必ずビールを頼む職人さんもいましたので、食事代がかさみ過ぎたのでしょう。

昼からビールをあおって作業する職人も今では考えられませんがそれにしても、ランチ付きとは今では考えられないシステムです
作業している職人全てのお昼ご飯を会社で面倒みれるだけの利益が出せている会社がどれだけあるでしょうか?
昭和の日本では、人を育てられる環境や力がこの頃はまだ零細企業といわれるような小さな塗装店にもあったのです。

とくさんと私は2人セットで都内の住宅やマンションなどの大規模工事、また都の入札物件で外務省関係、防衛庁、電電公社に関わるあらゆる塗装工事をやらせていただきました。
千葉にとくさんと泊りがけでアパートを一棟塗装した事もありましたが、男二人の共同生活は楽しく無かったですね苦い思い出です当時よくラジオから流れていた「すみれセプテンバーラブ」を聞くと今でもその頃の事が鮮明に思い出されます。

2022.2.19.2.jpg

何度となく仕事を変え、まるでジプシーのような生活をしていた私でしたが、今回は辞めませんでした。
それは、何も出来ない私に刷毛を握らせ『塗ってみな』ととくさんが自分の責任で私に実践を経験させてくれて、塗装の奥深さに触れる事が出来たからです。
朝出社しないとくさんをアパートまで会社の車で何度も迎えに行きました。
毎度酒臭い息を吐き車に乗り込み現場に行くという酒に溺れた生活をしていたとくさんでしたが、職人としては『粋』な会社にも頼られる腕の良い格好良い職人でした。
いつしか私の心には『もっと上手くなりたい』という願望がとても強くなっていたのです。

さて
今週も一週間ありがとうございました。
また、来週22日(火)からよろしくお願い致します!


メールでのお問合せは24時間受け付けていますのでお気軽にどうぞ!

10年~15年先の次の塗り替えまで安心してお過ごし頂ける塗り替えをお約束します
町田市・八王子市・多摩市の外壁塗装はぺんき屋美装


なぜ〝ぺんき屋美装〟の塗り替えは長持ちするのか、動画でご紹介させて頂いております。よろしければこちらもご覧ください
https://www.painterwork.com/video/

ではまた!!

セルフポートレート vol.1・・・明日 13日(日)・14日(月)は定休日につきお休みさせていただきます (町田市の外壁と屋根のことなら ぺんき屋美装)

  • 投稿日:2022年 2月12日
  • テーマ:その他

今日は、私が塗装職人を目指し始めたころのお話しをします。
もともと私は東京都目黒区鷹番に母と二人で暮らしていました。
駅で言うと東急東横線の学芸大学という駅になります。
高校生になる頃にはかなりのやんちゃなガキんちょに成長していました。

2022.2.12.4.jpg

そんな私が塗装屋になろうと思ったのは、10代の終わり頃でした。

当時の私は学歴に価値を感じられなくて、どうせ皆働くのだからと高校にもろくに行かずアルバイトに明け暮れていました。
そのうちに自主退学をして本格的に働きだします。
せっかく入学させてくれた母には申し訳ない事をしたと今は申し訳なく思います。
ですが先生方は多田が辞めてくれてホッとしていたことと思います。
これには色々と理由があったのですが、それは別の機会があればそちらでお話ししますね

塗装に出会う前の私は、色々な仕事を転々としていました
渋谷のセンター街にあったカジノモナコのカードゲームのディラーや、歌舞伎町で流行り始めていたゲームセンターの従業員、運送屋の助手、レストランのボーイ、調理師スタッフなどなど

転々と仕事を変えたのは、嫌になって辞めるというより色々な仕事を知りたかったし、色々な仕事を知ったその中で一生の仕事を決めたいと思ったからです。
大学に行って就職して、その会社、その世界しか知らないで一生を終わるみたいなのが嫌だったんです。
1980年代頃まではまだまだ高学歴がもてはやされ、良い会社に入って永久雇用が一番という時代でした。

当時若い私は、仕事というのは額に汗をかいてするもので
学歴ではなく、自分自身が認められる仕事がしたいと考えていました。
そんな青臭いガキでした。
周りの友人たちのように大学まで進んで、勉強やキャンパスライフをエンジョイすれば良かったと今は思っています
若いうちに沢山の人に出会って様々な個性に関わる事で、今よりもっと広い視野を培う事が出来だろうなと考えるからですが、当時の私は良くも悪くも意思が強くガンコで人の意見に耳を貸す事がなかなか出来なかったのです。


2022.2.12.3.jpg



そんな10代でしたが、17歳の終わり頃だったでしょうか。
地元だった東急東横線の学芸大学の駅前でたまたま小学校の同級生だった女性と久しぶりに再会し意気投合お付き合いをするようになりました。
その女性の実家が塗装屋さんだったんです。
それもおじいさんの代からです。
お父さんは渋谷に事務所を出したと聞いていました。
彼女のお父さんやおじいさんにも認めていただくためにも、という気持ちも少しはあったかもしれませんが
塗装ってどんな仕事だろう・・・とすごく興味が湧いたのを覚えています。

同級生の塗装屋の息子である友人を呼び出し「お前んちで働かせてくれない?」と親父さんに聞いてもらうようお願いしました
直ぐに連絡がありいつからでも働けるとの事でした。
自由人だった私はやっていたアルバイトを、確か喫茶店のボーイか何かをやっていたと思いますが、それをさっさと辞めて、翌日から『有限会社五本木塗装店』に勤めていた「とくさん」という親方の下で見習いとして働き始めました。
とくさんは、背は165㎝くらいとそれほど高くはありませんがガッチリとした体格で色付きのメガネをかけ、すごいガニマタで草履をペタペタ言わせて肩で風を切って歩く『ザ・職人』的な見た目には少々やばい人でした(笑)

この時は、こんなに永くこの仕事(塗装業界)を続ける事になるとは夢にも思っていませんでした。
時は1981年の昭和56年、17歳の夏でした。
ここから私の塗装職人人生がはじまります。

さて
今週も一週間ありがとうございました。
また、来週15日(火)からよろしくお願い致します!


メールでのお問合せは24時間受け付けていますのでお気軽にどうぞ!

10年~15年先の次の塗り替えまで安心してお過ごし頂ける塗り替えをお約束します
町田市・八王子市・多摩市の外壁塗装はぺんき屋美装


なぜ〝ぺんき屋美装〟の塗り替えは長持ちするのか、動画でご紹介させて頂いております。よろしければこちらもご覧ください
https://www.painterwork.com/video/

ではまた!!



代表多田のアレコレブログ

  • 日曜日と月曜日は定休日です

  • 都合によりしばらくブログはお休みさせていただきます10年~15年先の次の塗り替えまで安心してお過ごし頂ける塗り替えをお約束します町田市・八王子市・多摩市の外壁塗装はぺんき屋美装なぜ〝
    >>詳しく見る
  • ゴールデンウイークだ!さぁ出かけよー・・・明日 15日(日)・16日(月)は定休日につきお休みさせていただきます (町田市の外壁と屋根のことなら ぺんき屋美装)

  • 今年は2年ぶりにまん延防止等重点措置の無いゴールデンウイークでした!皆さま楽しく過ごされましたか?私は通勤路の鶴見川沿いで開かれた「鶴見川屋台村」へ子供達と出かけて来ました~まだまだ
    >>詳しく見る
  • 5月13日金曜日は臨時休業とさせていただきます

  • 臨時休業のお知らせ 誠に勝手ながら、5月13日金曜日は臨時休業とさせていただきます。お客様及びお取引先様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。 【
    >>詳しく見る
  • ぺんき屋美装 町田市 外壁屋根塗装
  • 町田市 ぺんき屋美装 外壁屋根塗装
ぺんき屋美装