本物のプロに巡り合える事が難しい時代・・・明日 31日(日)・8月1日(月)は定休日につきお休みさせていただきます (町田市の外壁と屋根のことなら ぺんき屋美装)


不安定なお天気が続きましたが、いよいよ夏本番ですね!
建物診断や、打ち合わせ程度しか炎天下にいない私ですら何しろ暑くて嫌になります
そんな私ですが、先日は現場へ外壁の状態確認に行ってきました

担当の職人さんから「どう収めましょうか・・・」と相談がありまして
そうこの建物は、塗り替えだけでなく何度かリフォームをしていて
窓をいじった時に・・防音工事かな?
外壁を切って新規にモルタルを塗って吹き付けで肌合わせをしているのですが、切り継部分にクラックが入るのを嫌って『弾性吹き付け材』を使っていますが見事にそれが失敗していて、弾性がゆえに必要以上に、そこら中でプクプクと膨らんでいます

2022.7 (6000).JPG

吹き付けのパターンの中に空気が入って風船のように膨らんでいます
失敗した弾性塗膜によく見られる状態です

2022.7 (16).JPG

その膨らんでいる部分をカッターで切ってみると・・・
膨らみの内側はなんだかザラザラしていますね

2022.7 (13).JPG

膨らんでいる部分だけでは、膨らんだ理由が確定出来ないと考えた私は、恐らく防音工事の際に吹き付けを行ったであろう個所全体の状態を確認して行きます
そんな訳で一見何でも無さそうな部分も切ってみましょう

2022.7 (18).JPG

切り口に巣穴のような気泡の後が見られますね

2022.7 (17).JPG

切った側の状態も同じで、気泡が入っていました
本来であれば、この気泡のような巣穴は無いのが本当です
では何故気泡が発生しているのか?
何故プックリ膨らんでしまったのか?

2022.7.30.JPG

それは、それまで何度か塗り替えが行われた外壁に対し、強溶剤のシーラー(下塗り)を使用して、必要なインターバルを取らずにパターンの吹き付けをおこなった事が原因です。
確かに20年以上前はまだ、弾性材の下塗りは強溶剤のシーラーしか各当下塗りが無かったように思います。
今のように水性や弱溶剤でも大丈夫になったのは、まだ最近といっても10年以上前か・・・

強溶剤のシーラーを使う場合、そのシンナー成分が完全に蒸発しなければ、次の工程(この場合水性)に入れません
何故か
吹き付け材で蒸発する溶剤成分を閉じ込めてしまうからです
今回の現場は、何度か塗り替えていて、外壁にシーラーが含浸していかず、塗膜に浸みてしまうのですが、それが意外とやっかいで旧塗膜が溶剤成分で軟化して溶剤成分がしっかり蒸発するにはかなりの時間を必要とします。
そこの読みが甘かった結果が今回の膨れの原因です

全て絶縁処置をすれば膨れは治まりますが、それだけでは他の問題が起きる可能性があります
全て承知の上であらゆる可能性をよーく考えた結果ベストと思われる施工で挑みます
それがプロというものです

これどこの塗装屋でも同じように判断出来る訳じゃないんです
判断できないと『プロ』としてはまずいんですけどね

そんな訳で他社さんの尻拭いと相成ります。。。
ひとつひとつ切り取って処理して行くしかありません
担当の大森君すみません

さて
今週も一週間ありがとうございました。
また、来週8月2日(火)からよろしくお願い致します!


メールでのお問合せは24時間受け付けていますのでお気軽にどうぞ!

10年~15年先の次の塗り替えまで安心してお過ごし頂ける塗り替えをお約束します
町田市・八王子市・多摩市の外壁塗装はぺんき屋美装


なぜ〝ぺんき屋美装〟の塗り替えは長持ちするのか、動画でご紹介させて頂いております。よろしければこちらもご覧ください
https://www.painterwork.com/video/

「ぺんき屋美装」で働く職人さん達は、日々どんな思いで働いているのか?聞いてみました。


現場で働く職人の本音トークはこちらからどうぞ


ではまた!!



見積書作成に近道無し!・・・明日 24日(日)・25日(月)は定休日につきお休みさせていただきます (町田市の外壁と屋根のことなら ぺんき屋美装)


毎日暑いですね!
皆さんお元気でお過ごしでしょうか?
私は朝の涼しい鶴見川の遊歩道を通勤しているのですが、歩いているだけなのにお店に到着する頃には汗びっしょりです(笑)
さて、建築に携わっていると建築に関連した商品販売のダイレクトメールなどたくさん頂きます。
大抵は無視しているのですが、今回の『定規』には目を奪われました

2022.7 (3).JPG

これはスゴイ!
定規の開口を合わせるだけで、面積と外周が一瞬でわかるんです
なんて素晴らしいんでしょう~これなら見積りの拾い出し作業がとっても楽になります
こりゃ欲しいーーー!

2022.7 (11).JPG

今まで使用して来た定規は、もう20年以上愛用している【クツワ製PAT.NO.513032 0-104】
0を起点として右と左に数字が大きくなって行く色も片側はブルーで色分けされていて、とても見やすく使いやすいんです
大のお気に入りですが、この定規を買ったらお役御免かな?

2022.7 (10).JPG

頼んだらすぐに届きました!
早速試してみましょうワクワク!
「おーー」
これはスゴイぞ!

ささドンドン当ててみよう

2022.7 (9).JPG

「あれ??」
この開口だと大きいな・・・
隣の開口はどうだろ

2022.7 (8).JPG

今度は開口が小さい・・・
合うパターンが無い

2022.7 (7).JPG

そーなんです
合うパターンが無いというのが多々ありました
掃き出しでもシヤッターボックスの分が足りないなど
それと合う開口を探す手間がけっこうかかります。

2022.7 (12).JPG

よーく考えれば、そんな全ての窓の大きさに対応しているなんて無理に決まっているというか・・・出来たとしてもものすごくたくさんのスケール窓が必要なのは考えれば分かる事ですよね
つい夢中になってしまいました。。。

やはり今までの通り地道に一辺一辺に定規を当てて計測していく方が確実なのだと確信する事となりました
会社のお金を無駄遣いしてしまったようです。。。
ま、これも勉強ですね(苦笑)

まだまだ
クツワ製PAT.NO.513032 0-104君にお世話になります
とっても使いやすく、見やすい定規なのですが
販売終了している定規なんです
クツワさんには何とか再販して欲しいですね~

さて
今週も一週間ありがとうございました。
また、来週26日(火)からよろしくお願い致します!


メールでのお問合せは24時間受け付けていますのでお気軽にどうぞ!

10年~15年先の次の塗り替えまで安心してお過ごし頂ける塗り替えをお約束します
町田市・八王子市・多摩市の外壁塗装はぺんき屋美装


なぜ〝ぺんき屋美装〟の塗り替えは長持ちするのか、動画でご紹介させて頂いております。よろしければこちらもご覧ください
https://www.painterwork.com/video/

「ぺんき屋美装」で働く職人さん達は、日々どんな思いで働いているのか?聞いてみました。


現場で働く職人の本音トークはこちらからどうぞ


ではまた!!



ユニプラルという外壁材・・・明日 17日(日)・18日(月)は定休日につきお休みさせていただきます (町田市の外壁と屋根のことなら ぺんき屋美装)


先日、Googleクチコミを書いて下さったお客様のお宅です。

T kohno様のクチコミ


下の写真の外壁材を、私以外の塗装業者がジョリパットという判断を下した外壁材です。

2022.7 (1).JPG

私の目にはどーしてもジョリパットには見えないのですが、それが経験と知識の『差』という事になるのでしょうね。
ジョリパットとユニプラルでは工程が異なりますので、施工方法も異なりますし、見積り金額も変わってきます。
金額重視のお客様だと当然安い見積りの業者を選択されるんでしょうけど、ジョリパットの工程で塗装された場合の事を考えると恐ろしいです。

さて、こちらのお宅はぺんき屋美装を選んでくださったので、ユニプラルに合った施工で対応してまいります

高圧洗浄では水を吸い込むような素材感を見せます

2022.7 (5).jpg

よーく洗って汚れや藻を落としたら、とにかくよく乾かします
そして、肝心なのが下地調整
クラックが再び入り難くなるのに目立たないという優れものの装填材でクラック処理を行います

2022.7 (2).jpg

下塗りがとても特徴的なのですが、今回下塗りのシーンは割愛させていただきます
よく、ジョリパットを塗装すると、ベターってなっちゃうのでは?
と心配される方もいらっしゃいますが、ジョリパットフレッシュなど骨材入りの塗料を使わなくてもこの通り!
自然な感じに仕上がりますよ

2022.7 (4).JPG

今回のような判断が難しい外壁材や屋根材の判断についてですが、塗装専門店だからとか大きな会社だから、チェーン店だから安心という事はありません、金額が安いからというのは気持ちは分かりますが、もっての外です

ずいぶん安いけど『塗装店、リフォーム会社を名乗っているんだからいい加減な事はしないでしょ』とお考えの方、その考え方こそ要注意です
例えば明日、私が飲食店を開く事だって出来ます。
唐揚げ屋とかどうでしょう
開業するには資格を持った者を雇えば良いので、私に知識は必要ありません。
それでも、唐揚げ業界のプロっ事になってしまいますよね?

プロの定義ってなんですかね?

まず相見積もりとられる時は何軒から取るとかではなく最低でも、「東京都知事許可など建設業許可」を得ているかどうかくらいの確認はとってくださいね
同地域で5年以上経営していないと許可はいただけないので、持っていない場合は今後居なくなってしまう可能性も有るという事です。
塗装は1度の失敗がずっと尾を引く大変やっかいな工事なんです

結局自分の身は自分で守るしかありません。
業者選びは慎重にです。

さて
今週も一週間ありがとうございました。
また、来週19日(火)からよろしくお願い致します!


メールでのお問合せは24時間受け付けていますのでお気軽にどうぞ!

10年~15年先の次の塗り替えまで安心してお過ごし頂ける塗り替えをお約束します
町田市・八王子市・多摩市の外壁塗装はぺんき屋美装


なぜ〝ぺんき屋美装〟の塗り替えは長持ちするのか、動画でご紹介させて頂いております。よろしければこちらもご覧ください
https://www.painterwork.com/video/

「ぺんき屋美装」で働く職人さん達は、日々どんな思いで働いているのか?聞いてみました。


現場で働く職人の本音トークはこちらからどうぞ


ではまた!!









代表多田のアレコレブログ

  • セルフポートレート vol.6・・・明日 28日(日)・29日(月)は定休日につきお休みさせていただきます (町田市の外壁と屋根のことなら ぺんき屋美装)

  • 1982年の昭和57年頃のセルフポートレート続きです前回の内容はこちらからご覧になれますセルフポートレートvol.51983年・昭和58年私は19歳この頃になるととくさんはどこかの会
    >>詳しく見る
  • それ劣化じゃなくて新築時のミスです その1・・・明日 21日(日)・22日(月)は定休日につきお休みさせていただきます (町田市の外壁と屋根のことなら ぺんき屋美装)

  • 新築して10年。そろそろ外壁の劣化も気になり出したし、という事で建物診断のご依頼をいただく訳ですが、実際にに伺うと何故こんな事になっているのか?と長年建築に携わっている私でも驚く事が
    >>詳しく見る
  • ****夏季休業のご案内****

  • 盛夏の候、皆様方におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。 さて、誠に勝手ながら弊社では、8月13日(土)~8月16日(火)までを夏期休業期間とさせていただきます。休業期
    >>詳しく見る
  • ぺんき屋美装 町田市 外壁屋根塗装
  • 町田市 ぺんき屋美装 外壁屋根塗装
ぺんき屋美装