町田市小山町 T様邸 外壁屋根リフォーム事例

屋根がニチハのパミールという屋根材で葺かれていて、塗装できないほどボロボロなので、外壁の塗装と屋根の葺き替えを同時にできる近くの信頼できる施工店さんにお願いしたいと思い探していたところ、ぺんき屋美装さんのホームページを偶然見つけお見積りをお願いしました!
machida Tsama 2017214midashi01.JPG
事例

 施工事例データ

施工箇所 屋根葺き替え:シルバーホワイト
外壁:H17-60H
付帯物:破風軒モールH22-30B雨樋 黒 他
施工内容 ①既存屋根の撤去処分
②新規に屋根の葺き替え
③コダワリの外壁塗装
④大きな現物塗り板をお持ちしてイメージをアドバイス!
⑤シーリングは全て打ち替え
⑥アクセントモールの上にもウレタンシーリングで雨水が溜まらない処理
⑦防犯性の高いブラックメッシュ標準施工
⑧コダワリの下地作りから付帯物つや有り仕上げ
工事期間 3週間
使用商材 ニッペ パーフェクトトップ・ケイミュー コロニアル クァッド
築年数 15年

ご提案内容 外壁はサイディングで激しくチョーキングしていて、コーキングは耐久性を失っていましたが、藻の発生も無く汚れもそれほど付着が無いことから工事全体価格のバランスを考え、シリコングレードを上回りながら価格控えめのニッペ パーフェクトトップをお勧めしました。
一番の問題は屋根で、パラパラと剥がれてしまうニチハのパミールという屋根材で施工されていました。
塗装は当然不可能で、しかもパミールは屋根材を止めている釘の処理に問題があり錆びやすいので脱落の危険もあります。そのようなことから既存の屋根材の上に貼り付けるカバー工法は不向きですので、建物の構造的にも無理のないコロニアルの葺き替えをお勧めしました。
施工前はこちら

machida Tsama 2017214mae06.JPG machida Tsama 2017214mae04.JPG machida Tsama 2017214mae05.JPG
築年数なりの傷みが見られます 南面は全体に激しいチョーキングが起きています コーキングはすでに効果の無い状態です・・・
machida Tsama 2017214mae03.JPG machida Tsama 2017214mae01.JPG machida Tsama 2017214mae02.JPG
サッシュ周りのシーリングは表面にヒビが起きていました T様の一番の悩みのニチハ パミールの屋根です M様の一番の悩みのニチハ パミールの屋根です

施工中の様子

machida Tsama 2017214chu (1).jpg machida Tsama 2017214chu (2).jpg machida Tsama 2017214chu27.jpg
まずは屋根の解体からです。一枚一枚丁寧に剥がして行きます パミールを全面撤去。既存のルーフィングの上にルーフィングを足し貼りして防水性能アップ! 屋根が新品になりました!
いよいよ塗装工事がはじまります
machida Tsama 2017214chu01.jpg machida Tsama 2017214chu02.jpg machida Tsama 2017214chu03.jpg
洗浄前のベランダの様子です 洗浄後のベランダの様子です
スッキリしましたね
屋根の塗装が無くても、雨どいもしっかり洗浄します!
machida Tsama 2017214chu31.jpg machida Tsama 2017214chu30.jpg machida Tsama 2017214chu29.jpg
洗浄の翌日は古いシーリングの撤去を行いました シーリングを打つ前には下塗りであるプライマーを必ず塗ります たっぷりと打ち込んでいきます!
machida Tsama 2017214chu04.jpg machida Tsama 2017214chu05.jpg machida Tsama 2017214chu06.jpg
シーリングが乾いたら、非塗装部分へ養生を行います 足付け、下塗りのシーラーを塗布、乾燥後中塗りを行います! 破風板も同様の順番で施工します
machida Tsama 2017214chu07.jpg machida Tsama 2017214chu08.jpg machida Tsama 2017214chu09.jpg
軒天井の仕上げを塗り継ムラにならないように手早く行います 破風板も塗り継ムラにならないように気を配りながら手早く行います 破風板が仕上がりました!
machida Tsama 2017214chu10.jpg machida Tsama 2017214chu11.jpg machida Tsama 2017214chu13.jpg
シーラーの塗装です
下塗りだからこそ、ムラなく塗装されていなければなりません
無色透明ですが、シーラーを塗布すると「濡れ色」に変わるので塗り残しはすぐにわかります 外壁の中塗りです目地の部分が深いですね~
machida Tsama 2017214chu12.jpg machida Tsama 2017214chu14.jpg machida Tsama 2017214chu15.jpg
外壁の中塗りが全体に入りました! 外壁の仕上げを行います! つや消し仕上げです。
乾くと画面左側のように色が落ち着いてきます
machida Tsama 2017214chu16.jpg machida Tsama 2017214chu17.jpg machida Tsama 2017214chu18.jpg
雨どいなどつるっとした部分は塗料の密着が特に良く無いので、必ず足付けを行います 雨どいの中塗りを行います 仕上がった外壁を汚さないように、慌てず手早く・・・
machida Tsama 2017214chu19.jpg machida Tsama 2017214chu21.jpg machida Tsama 2017214chu24.jpg
壁の塗料がつかないように養生してあったので、壁が仕上がってから下塗りとなります シーラー完全乾燥後に中塗りを行います 付帯部のグレーだった排水パイプも外壁に色を合わせて塗装します
この時、外壁の塗料ではなくパイプに一番密着の良い塗料に変えて塗装しています
machida Tsama 2017214chu22.jpg machida Tsama 2017214chu20.jpg machida Tsama 2017214chu23.jpg
雨どいの仕上げ塗装です シャッターボックスは手塗りで行います。
足付けを行いバインダーで下塗りを行います
シャッターは余計な塗料がつかないように、また薄すぎる塗膜にならないように低圧温風機で塗装しています

施工が完了しました

machida Tsama 2017214go01.jpg machida Tsama 2017214go03.JPG
屋根も美しく葺き替えられて、長年の不満から解放されますね! つや有り仕上げの付帯部塗装ですが塗り継などの見苦しいムラなど無く美しい仕上がりです
machida Tsama 2017214go02.JPG machida Tsama 2017214go04.JPG
まるで新品という完璧な仕上がりです! シーリングは外壁と同じ高さほど盛るように打ってありますので長持ちしますね!
machida Tsama 2017214go05.JPG machida Tsama 2017214ichiran.JPG
目地部分はハケで塗ってからローラーで仕上げましたので余計な塗料がついておらず美しい仕上がりです T様この度はありがとうございました!今後ともどうぞよろしくお願い致します

代表多田のアレコレブログ

  • 明日 7日(土)・8日(日)はお休みさせていただきます (外壁塗装は安心施工をお届けする塗装店ぺんき屋美装へ)

  • 明日は私事で恐縮なのですが子供の運動会のためお休みさせていただきます。皆様には大変ご迷惑をお掛けします。その代わりに本来の定休日である月曜日を営業日とさせていただきました。娘の幼稚園
    >>詳しく見る
  • 全部はがしてやり直ししよう

  • 町田市金森東F様邸は電気の引き込み線をつたい外壁に雨が流れてボロボロになっていましたなので、逆に剥がれてしまう耐久性の無くなってしまった部分は撤去して補修という流れで工事の指示をして
    >>詳しく見る
  • 今日のお仕事10月4日(外壁塗装は創業32年の安心施工 ぺんき屋美装へ)

  • 今日もカラッと晴れずでしたが雨の心配もなく作業が進みました!川崎市宮前区東有馬O様邸では外壁の横ジョイントの処理を行いました~この後、ジョイント部へもシーラーを塗布して中塗りまで進み
    >>詳しく見る
  • ぺんき屋美装 町田市 外壁屋根塗装
  • 町田市 ぺんき屋美装 外壁屋根塗装
外壁塗装の時期、季節はいつがいいの?とお悩みの方へ
ぺんき屋美装